本文へスキップ

PSI付替装置 TransChanger

     
               

PET-100 / PER-100

PSI付替装置は、ARIB STD-B31,ARIB TR-B14で規定されたISDB-T放送TS信号(BTS)を、放送エリアごとの番組特定情報、番組配信情報に書き換えることにより、同一の放送TS信号(BTS)を異なる地域で配信可能なBTSに変換する装置です。この装置を使用することにより、地域ごとに多重化装置を介して番組情報を再編成しなくても、同一BTSを直接送信所に配信することが可能となります(イメージ図参照)。

 なお、本装置はBTS信号の圧縮/伸長機能を内蔵しており通信衛星、デジタルマイクロ回線等を通して伝送する際に伝送帯域の圧縮が可能です。また、イメージ図では通信衛星を使用してBTSを配信するケースを示していますが、デジタルマイクロ回線、光ファイバー回線を使用することも可能です。



                                              


 特長                                                                          

PSI/SI付替機能
PER-100(RX)にあらかじめ番組特定情報のパラメータを記憶させることで、BTSを放送エリアごとに変換できます。
●放送TS変換機能
204Byteの放送TS信号を、SNGなどで伝送できる188ByteのTS信号に変換します。

●放送TSの圧縮機能
Nullパケットを圧縮し、伝送帯域を節約できます。

クロック伝送機能
リファレンスクロック入力を持ち、クロックを伝送できます。従属同期システムおよびリファレンス同期システムに対応しています。
クロック伝送機能
リファレンスクロック入力を持ち、クロックを伝送できます。従属同期システムおよびリファレンス同期システムに対応しています。
●帯域幅6MHz〜8MHzに対応
放送TSは、6MHzの32.5Mbpsのほか、7MHzおよび8MHz帯域幅のビットレートにも対応しています。

放送TSの遅延調整機能
放送TSの遅延時間を調整できます。PET-100およびPER-100に1PPSを入力することで、遅延時間の測定もできます。

製品仕様
   

PET-100 (TX側)

 

PER-100 (RX側)

 入力信号 1. TS入力 (DVB-ASI) BNC 75Ω x1     ISDB-T 放送TS (204Byte)

2. RefCLK  BNC 75Ω 800mVp-p x1     Modem用基準クロック

3. SysCLK  BNC 75Ω 800mVp-p x1    ISDB-T 基準クロック
  (10MHz or OFDM CLK)

4. 1PPS  BNC 1kΩ TTL
    GPS 接続用

1. TS入力 (DVB-ASI) BNC 75Ω x1

  PSI付替装置(TX)で生成した伝送TS     または ISDB-T 放送TS

 2. SysCLK  BNC 75Ω 800mVp-p x1
    ISDB-T 基準クロック
  (10MHz or OFDM CLK)

 3. 1PPS  BNC 1kΩ TTL
    GPS 接続用

 出力信号  

1. TS 出力 (DVB-ASI)  BNC 75Ω x3   伝送TS (188Byte)

 

1. TS 出力 (DVB-ASI)  BNC 75Ω x3   ISDB-T 放送TS 

2. SysCLK  BNC 75Ω 800mVp-p x3     ISDB-T 基準クロック
  (10MHz or OFDM CLK)
 

3. Fsync  BNC 75Ω 800mVp-p x3
   フレーム同期信号

 動作環境  0℃ 〜 40℃
 電源  100〜240V AC, 50Hz/60Mz, Dual Power Supply
 アラーム 出力  接点 および SNMP
 寸法  482.6 (W) x 44 (H) x 450 (D) mm   ラックマウント金具付き・突起部除く
(ラックマウント金具なしの場合には、426mm 幅になります)
 重量 6.5 kg 




本製品及び本製品を使用した伝送システムについて特許出願中です


バナースペース