本文へスキップ

カメラ画像処理装置(ご参考)CAMERA CONTROL PAD

ISS(国際宇宙ステーション「きぼう」)で使用する実験器具です。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)様からのご依頼で設計製造しました。

宇宙空間で使うものは、機能の実現は設計に占める割合の20%程度で、
発熱、オフガス、電磁波、振動等、数々の安全対策とその証明が仕事の大半です。

無重力で空気が対流しませんから、地上とは異なる熱対策が必要です。
空気の少ない空間に持ち込むので、部品選定時に有害ガスが発生しないことも
確認しなくてはいけません。
電磁波等のノイズを出して
他の機器を誤動作させてはいけませんし、
影響を受けてもいけません。放射線にも考慮が必要です。

弊社にとっては初めての経験で、多方面にわたり、多くの皆様のご指導ご協力を賜りました。
関係各位の皆様には、心から感謝申し上げます。



バナースペース